入社案内.com

スケジュール別・採用ツールの効果的な
活用方法

image_05

2017卒の採用スケジュールは、選考活動の開始が6月からと
前年より2ヶ月前倒しになり、
活動のピークが短期間に集中することが予想されます。

そこで、効率的な採用活動に役立つように
採用スケジュールのどのタイミングで、どのツールに
どのような効果があるのかをお伝えしたいと思います。

有効なタイミングに最適なツールを投入!

広報活動が解禁となる3月から選考が始まる6月までの間は、
いわゆる“フライング選考”を行なう中堅企業と大手企業の選考が
重なる可能性もあります。

多くの情報の中に埋もれてしまわずに、自社で求める人材を採用するためには
最適なタイミングで有効なツールの活用が求められます。

PowerPoint ƒvƒŒƒ[ƒ“ƒe[ƒVƒ‡ƒ“

例えば、

・母集団形成を強化したいので、発見・興味を促す
独自色のある「採用サイト」を、3月1日オープンを目指して制作

・自社にマッチする学生を誘引するため、社風を言語化した「合同説明会チラシ」を
5月に予定している合同説明会で配布できるように4月中に完成

・学生気分から“働く意識”にソフトランディングできるように、
「内定者向けマナーブック」を8月~11月にかけて制作

といったように、採用の目的・スケジュール・ツールが合致した
活動を行なうことは、効率的かつ
学生と企業の双方にとって有益といえます。

 

まとめ

学生と企業の良い出会いにつなげる採用ツールを
使いこなすポイントのひとつに
最適な”制作スケジュール計画”があげられます。

どのタイミングでどんなツールが有効かについて
フェーズ別採用ツール」「フェーズ別対策」にも
まとめてありますので、
こちらもご覧いただくことをお勧めいたします。

C4Sでは、企業さまがアプローチしたい学生や採用における課題を伺い
効果的なツール制作のお手伝いをしています。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。



↑ページトップに戻る

Copyright 入社案内.com All Rights Reserved.