入社案内.com

「採用選考に関する指針」の手引きの改定

新卒採用の説明

先日より、2018年度の採用についての広報活動がスタートしております。
採用担当者の皆様は今が忙しい時期かと思われますが、
採用活動は順調に進んでおりますでしょうか?

4月10日、経団連より「採用選考に関する指針」の
手引きの改定が新たに発表されました。
かねてより注目されていた、2019年度入社対象の
活動について言及されております。

今後の採用活動に関わる重要な情報ですので、
しっかりと把握しておきましょう。

指針の手引きの改定内容

2019年度入社対象の採用活動時期は、
2017年度及び2018年度と同様に

広報活動開始…3月1日以降
選考活動開始…6月1日以降

のままで維持されることとなりました。

現在の選考開始時期には、学生の業界研究・企業研究の時間確保の面で
課題が残るとの指摘がありますが、
一方で教育実習生や海外留学生をめぐる大きな混乱は見られておらず、
全体的には評価する声が多いこと等、総合的に考慮した結果であるとのことです。

image_01

また、広報活動のスタートを3月に変更したことによる、
春休みを中心に短期のインターンシップが急増している問題への対応を図りました。

「手引き」の中で定めているインターンシップの規定において、
企業側が柔軟かつ多彩なプログラムを実施できるよう最低日数要件を削除し、
職場での受け入れやインターンシップ受け入れ後の学生へのフィードバックの実施等、
教育的な効果を高める取り組みが望ましいといった旨を記述しています。

その上で、インターンシップ本来の趣旨を踏まえ、教育的効果に乏しく、
企業の広報活動やその後の選考活動に繋がるような
1日限りのプログラムは実施しないことを明記しています。

まとめ

指針で規定している内容は、一般的に経団連会員企業だけに
適用されるものという認識が広く蔓延していますが、
政府は、指針に基づく採用活動の開始時期の遵守や
学生の学事日程への配慮を行うよう要請しています。

全ての企業がルールに則って採用活動を行うことが
学生の学業や就職活動に望ましいということを念頭に置き、
企業と学生の双方にとって良い採用活動を行っていきましょう。

その際、ご相談事がありましたら、
是非、お気軽にお問い合わせください。
C4Sではしっかりとヒアリングを行い、
企業の強みを生かした各フェーズで必要な採用ツールをご提案し、
採用活動のお手伝いをさせていただきます!



↑ページトップに戻る

Copyright 入社案内.com All Rights Reserved.