入社案内.com

2017年4月1日時点の就職活動に関する調査

image_06

企業の採用広報がスタートしてはや1ヶ月。
採用担当の皆様は順調に採用活動を進められておりますでしょうか?

先日、株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)が
2018年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象に、
4月1日時点の就職活動に関する調査を行いました。

(調査時期:2017年4月1日~6日、回答数:1,368人)

主な内容

1.エントリー状況
・一人あたりのエントリー社数の平均は31.7社で、前年同期調査(37.3社)より5.6社減少しました。
・今後の予定社数の平均は7.6社。前年(10.0社)を2.4社下回っています。

2.セミナー・会社説明会への参加状況
・一人あたりの平均参加社数は31.0社。前年調査(33.6社)より2.6社減少しました。
・企業単独セミナーへの参加社数は10.7社。1カ月間で7.7社増加しました。
・学内セミナーへの参加は、前年に比べて減少が目立っています。

3.企業セミナーで重要だと思うこと
・最も多かったのは「社員と直に話せる場が設けられている」(59.2%)で、次に「選考に関する情報が得られる」(45.4%)となりました。
・適切な所要時間は「1時間30分~2時間」44.9%、「1時間~1時間30分」25.5%となりました。

4.選考試験の受験状況
・エントリーシート提出者は86.0%。提出社数の平均は7.8社です。
・選考試験の平均受験社数は、筆記4.8社、面接2.9社、グループディスカッション2.1社となりました。

5.4月1日現在の内定状況
・内定率は14.6%で、前年(11.8%)より2.8ポイント増加しています。
・内定業界は「情報処理・ソフトウエア」「調査・コンサルタント」「建設・住宅・不動産」の順となっています。
・内定企業の従業員規模は「1,000人~4,999人」33.1%、「300~999 人」26.2%となっています。

6.学業と就職活動の両立
・学業と就職活動の両立に「不安がある」学生は半数以上(56.3%)で、文系よりも理系がより両立に不安を感じる割合が高くなっています。
・企業への要望としては、「日程の選択肢を多く」(76.5%)がトップで、次いで「日程を早めに教えてほしい」(65.7%)が続きました。

7.就職活動の難易度(経年比較)
・「厳しい」は47.8%、「やさしい」は11.9%。「厳しい」の割合は年々減少し、「やさしい」は年々増加しています。

調査から見えてくること

前年に比べ、現在のエントリー状況や1ヶ月間あたりのエントリー数、
そして今後のエントリー予定社数は全て減少傾向にあり、
母集団の形成に苦戦する企業の様子が見えてきました。
故に、これからエントリーを増やしたい企業にとっては
厳しい戦いを強いられそうです。

セミナー・説明会の参加状況も全体としては前年を下回っております。
その中でも、インターネットで配信されるセミナー(Webセミナー)を
視聴したことのある人数は過半数(54.5%)に達しており、
限られた時間で効率の良い企業研究を行う手段として注目されています。

企業セミナーに求める内容としては、前年と同様に
日程・プロセス等の具体的な情報を求める声が挙げられました。
セミナーの所要時間は「1時間30分~2時間未満」が適切との意見が最も多く、
企業を吟味する期間が限られる中、選考においての重要な情報を得るために
最低限必要な時間としてはちょうど良いのかもしれません。

この1ヶ月のうちにエントリーシートを提出した学生数は
全体で8割を超えており、平均数も前年を上回っています。
全体的な採用の日程は変わらずにエントリーシートの
提出日程が早まっていることが背景にあると思われます。
これにより、見る業界や企業を絞った上で、短期間で
就職活動を進める学生が増えてくると推測されます。

調査時点で既に内定を得ている学生は前年を上回っており、
企業の内定出しのペースも早まっていることが分かります。
内定を得ている学生のうち、就職活動を終了した学生数も前年を上回り、
企業・学生共に就職活動の早期スタート・早期終了を図る動きが伺えます。

しかし、学業との両立に不安を感じる人数は半数を超え(56.3%)、
中でも、特に理系の学生は研究等に充てる時間の確保の
難しさからか7割近く(68.5%)を占めています。
企業側は、選考日程の調整しやすさや時間にとらわれない
Webセミナーの導入が学生を呼び込めるカギとなりそうです。

まとめ

依然として就職活動に厳しさを感じている学生が多いですが、
その一方でやさしいと感じている学生も増えてきています。

企業側は積極的な採用姿勢を崩さず、学生たちに不安を
感じさせないクリアな採用活動を進めていくことで、
優秀な学生を確保できる可能性が上がるでしょう。

採用活動にあたってのご相談事がありましたら、
是非、お気軽にお問い合わせください。
C4Sではしっかりとヒアリングを行い、
企業の強みを生かした各フェーズで必要な採用ツールをご提案し、
採用活動のお手伝いをさせていただきます!

 

●本調査の詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ディスコ http://www.disc.co.jp//4月13日発表・同社プレスリリースより転載)



↑ページトップに戻る

Copyright 入社案内.com All Rights Reserved.