入社案内.com

経済産業省が、大企業からベンチャー・中小企業への即戦力人材の送り込みを検討。

image_04

採用担当者の皆様、2018年度入社の採用活動は
順調に進んでおりますでしょうか?

経済産業省は大企業で中核的な役割を担う人材を設立間もないベンチャー企業や地方の中小企業に送り込む仕組みを検討する。兼業や副業によるレンタル移籍や転職を阻む要因を分析するほか、コンサルタントの派遣などで中小企業が望む人材を集めやすくする。人材の流動化を進め、中小の成長力底上げにつなげる。(日本経済新聞)

中小企業の人手不足は深刻で、経営者の右腕的存在の人材が不足しているため、人材の流動化を進めて中小の成長力底上げにつなげたいようです。企業の枠を超えて新たなサービスや事業を生み出そうと、すでに自社の人材を他社へ送り出している企業もあるようです。

成長分野への人材の流動が日本経済成長のカギでもあるので、
今後の政府の動向に熱い視線が注がれそうです。

image_01

【まとめ】
今後、政府の支援が進み、企業間の人材流動化によってもたらされる相乗効果に期待したいところです。もはや、大企業であっても終身雇用であることが珍しい時代になりつつあるのではないでしょうか。優秀な人材を企業だけのものにするのではなく、社会全体のものとして考える国の取り組みに注視していきたいですね。



↑ページトップに戻る

Copyright 入社案内.com All Rights Reserved.