入社案内.com

地元就職希望率は前年比3.5pt減の51.8%。

新卒採用の説明

採用担当者の皆様、2018年度入社の採用活動は
順調に進んでおりますでしょうか?

地方開催の合同企業説明会に、大都市圏の学生が参加していることも珍しくありません。生まれ育った地元を離れ、大都市圏の大学で学んでいる学生の半数以上が、地元に戻って働こうと考えていたりします。

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2018年卒業予定の学生を対象とした「2018年卒マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査」の結果を発表しました。

以下、調査結果の概要です。

【地元就職希望率※は全国平均で51.8%(前年比3.5pt減)となり、前年を下回る結果に】
地元の大学に進学した学生では72.2%(前年比3.5pt減)で、地元外に進学した学生の35.7%(前年比2.1pt減)と比較すると、倍以上の開きがあった。全国平均の経年比較では、2012年卒の63.3%から11.5pt減少しており、この7年間で地元就職を希望する割合は減少傾向にある。就職環境の好転から、大都市圏を中心とした大手有名企業を希望していることが推察される。
※地元就職希望率:最も就職したい都道府県が卒業高校の都道府県に一致する割合

【地元外進学の学生が地元就職活動時に最も困っていることは「地元までの交通費」が最多】
地元外進学者のうち、地元就職を考えている学生に、現在最も障害に感じていることを聞いたところ、「地元までの交通費」が26.0%(前年比1.7pt増)で最多となった。「地元企業の数が少ない」の18.6%(前年比1.7pt増)、「地元までの距離・時間」の14.4%(前年比1.7pt減)が次いで選ばれている。

【Uターン就職を希望する理由は「両親や祖父母の近くで生活したいから」「実家から通えて経済的に楽だから」が上位に】
Uターン就職を希望する学生の理由は、「(自分の意思から)両親や祖父母の近くで生活したいから」の47.9%(前年比1.3pt増)が最多となり、次いで「実家から通えて経済的に楽だから」の42.2%(前年比1.9pt減)となった。

【まとめ 】
Uターン希望学生を採用するための有効なチャネルとして、地元の地方新聞社主催の就活イベントや自治体やハローワーク、大都市圏の大学就職課などでの求人情報掲載や企業説明会などがあげられます。一般的な大手求人サイトでは、大手企業に埋もれてしまう傾向が高いです。Uターン就職では、学生だけでなく両親も協力して情報収集しているケースも多いので、先に挙げた有効チャネルの活用が重要なカギとなってきます。大学によっては全国にサテライトオフィスを構え、Uターン就職を希望する学生を支援していたりもするので、大学のサテライトオフィスへのアプローチもお薦めしたいと思います。



↑ページトップに戻る

Copyright 入社案内.com All Rights Reserved.